ブログ

会員写真家の引き起こした不祥事に関するお詫び

平成30年7月3日

 関係者の皆様方へ

 日本風景写真家協会   

会長 山梨 勝弘    

 

会員写真家の引き起こした不祥事に関するお詫び

 

  この度の、新潟市秋葉区の皆様方の公式ホームページにおいて公開されている野鳥図鑑の中に掲載されている「サンコウチョウ」の写真データについて、当協会に所属する写真家斉藤嶽堂氏が画像データをダウンロードし、自らのクレジット記載をしてSNSサイト上へアップし公開したことについては、職業写真家として恥ずべき行為でありました。著作権は財産で有り、これを第三者が侵す行為はいかなる理由があろうとも許されるものではなく、犯罪行為です。

 今回、ここに至るに際して第三者の方からの通報を受けましたことから、当協会としては事実確認などを行いました。その結果を受けて、6月28日の13時より開催した総会において慎重協議の結果、協会規約第7条2項に抵触することが明らかであるため、斉藤嶽堂氏を除名処分とし、併せてホームページ上において公表させていただくことと致しました。

  協会としても今回の事態を重く受け止めております。全会員への綱紀粛正を図り、二度とこうした事態を引き起こさぬよう継続指導をいたします。併せて、協会としての取組や組織の有り様も含めて改善し、さらなる緊張感をもって写真撮影及び作品作りへと邁進致す所存です。

日本風景写真家協会を代表し、日本写真家協会の総意として深くお詫び申し上げます。誠に申し訳ございませんでした。

 

1.処分対象者 斉藤嶽堂氏

2.処分事由

  当該行為並びに発言などが日本風景写真家協会規約第7条2項に抵触するため。

3.所属会員への徹底指導と職業写真家としての意識高揚

以 上

 

 

 

尚、この件に関しましての、当協会へのお問い合わせは、jspa@fuukei-shashinka.com までお願い致します。