富田文雄Fumio Tomita

東京生まれ

東京写真専門学校卒業、山岳写真家に師事した後、フリーランスの写真家として独立、日本の自然風景を中心に里の風景・風俗を撮影して、カレンダー、書籍、雑誌などに作品を発表している。

光のある風景、奇岩の風景、などもテーマにして撮影している。近年は海外の街の撮影。

 

 

著書

『遠野物語を歩く』

『奥の細道 芭蕉の見た風景』

『残したいね、日本の風景(東北)』

『おくのほそ道』

『日本の里』

『宮沢賢治写真詩集』

『日本の美しい里』

『日本の絶景、癒しの旅100』

『日本の絶景』他

 

写真展

『日本の巨樹巨木』

『漂白の旅・奥の細道』

『奥の細道』

共同写真展多数