河野達郎(総務)Tatsuroh Kohno

街づくり写真家 河 野 達 郎
************************
1954年 愛媛県松山市生まれ、大洲市在住。
@Studio Kohno 河野達郎街づくり写真事務所 代表
所属会社:株式会社スタリオン 代表取締役(2021年4月01日就任)

※プロフィールシートは以下をご覧ください。
http://daisukioozu.com/images_photo_2019/2019y0518_profile_light_ps.pdf

 

→経歴
************************
1977年 九州産業大学商学部卒業
1991年 独立開業、地元の写真俱楽部に入会、大洲の風景写真を本格的に撮り始める。
2000年 町の情報発信サイト「おおず街なか再生館」制作・公開、情報発信開始。
2002年 大洲市のまちづくり会社設立に参画、株式会社おおず街なか再生館取締役就任
2005年 同社代表取締役専務就任
2019年 3月31日退任
            4月1日より街づくり写真家河野達郎事務所事務所を開設、活動開始。

 

→撮影テーマとスタイル
******************
撮影テーマ=「写真は語る、その瞬間の物語」
一貫して「写真は地域情報発信素材である」というスタイルを崩さない。
普段は、愛媛県、大洲市、西予市、内子町などの行政関係機関及び制作会社などからの素材撮影を受託して業務撮影を行いながら、Webをプラットフォームにして地域情報発信を兼ねた作品発表展開を行っている。
公式サイト  http://daisukioozu.com/ 
Facebook https://www.facebook.com/Tatsuroh.Kohno

 

→専門分野及び実績
******************
専門分野=情報素材としての写真を生かした「地域三位一体型ツーリズム」の構築
講演研修指導テーマ
 Ⅰ 写真を生かした観光まちづくり
 Ⅱ 写真は語る、その瞬間の物語
 Ⅲ LINEとスマホと一眼レフを生かした写真撮影レッスン
 他・・・小学校5年生の総合学習から地方自治体観光関係者を対象とした講演研修多数。

 

事業プロデュース実績
・平成17年度 経済産業省「電源地域活性化先導モデル事業」
・平成18年度 日本商工会議所全国小規模事業者新事業全国展開支援事業受託
・平成21年度 愛媛県南予観光人材育成事業受託(平成23年度まで継続受託)
・平成24年度 大洲市 大洲藩と坂本龍馬観光事業受託プロデュース
・上記に関わる関連事業等を受託し、事業実施多数。

 

→広報誌等制作編集写真提供実績
************************
愛媛県発行の広報誌編集、制作、主要写真撮影/平成21年~29年
『人粋十粋 旅南予』、『愛媛西南 南予温泉帖』、『えひめ・西南の旅 御宿帖』

大洲市発行の広報誌等の主要写真撮影担当
平成24年 『大洲歴史懐古帖』『小藩の名君と悲運のいろは丸』
      『水郷の数寄屋 臥龍山荘』
平成26年 Great Nature Story『肱川あらしガイドブック』
平成27年 大洲黎明の禅寺『如法寺』
      大洲市中学生版歴史副読本『ふるさと大洲歴史物語』
平成28年 第2次大洲市総合計画「きらめくおおず」の表紙写真を担当
平成29年 『大洲市勢要覧』
平成30年 大洲城下物語 
※他主要観光パンフレットや旅行商品の企画制作編集及び主要写真撮影

 

→撮影活動などによる代表的な実績
************************************************************
JR四国『伊予灘ものがたり』に関すること
 平成26年7月初旬、試走撮影で大洲城を背景に鉄橋を渡るシーンを撮影話題となる。
 以後、これが大洲城からの旗振りなどへと波及効果を生み出し、イメージを構築。
 また、撮影した写真がカレンダーやポスター、パンフレットなどに採用されている。

伍代夏子さんの「肱川あらし」に関すること
 平成28年11月に新曲のCDジャケット用写真提供。
 同時にPVロケアテンド及びスチール写真撮影担当。
 平成29年1月24日の新曲発表記者会見でオフィシャルカメラマンを担当。

 

→話題となっている代表的な撮影・活動
************************************************************
肱川あらしの撮影で発表した「霧幻の群青」(平成30年1月)
 NHK総合「シリーズ瀬戸内宝石箱~白き竜よ舞え」の取材撮影を受け、撮影風景
 及びインタビューと作品が紹介放映されて話題となる。

日本の秘境「蔵川郷」の撮影、作品発表(平成28年5月)
 新嘗祭の実施をきっかけとして撮影した作品を発表して話題隣、その後多くの写真
 愛好家が集う。

平成30年7月豪雨に関して
 7月7日の被災前日から現場にて継続撮影、Webにて発表。
 多くの共感を呼び被災時の情報共有や提供に関して一石を投じ、地域被災者から多
 くの支持を得る。

令和3年6月
 第40回愛媛広告賞印刷部門最優秀賞受賞
 撮影した写真4点を「はじめてなのに懐かしい」というキャッチフレーズで組み上げたポスターが評価されて話題となった。

 

***********************
以上、令和3年6月1日 現在